サービスの立ち上げには初期費用が必要です

小規模デイサービスを立ち上げる際には、初期にかかるお金の中には運転資金も忘れずに組み込んでおくことが大切になってきます。
まず、小規模デイサービスを始めるにあたっての初期投資については、物件取得費用がかかってきます。


賃貸オフィス、賃貸物件を前提とした場合、取得にかかる費用としては『敷金や保証金』『不動産業者への仲介手数料』『当面の家賃』などが挙げられます。


また、改修工事や備品調達費用も必要になってきます。

玄関周りや浴室、トイレ、廊下の手すりなど、主にバリアフリー関連の工事が必要になります。

サービス開始時に新たな改修点が生じることも想定しておくことが大切です。
その他、電気の容量を増やしたり、コンセント口を増やすための電気の引き込み工事なども頭に入れておく必要があります。


備品については、福祉機器類のほか、テレビや洗濯機、エアコンなどの家電製品、車両、家具、パソコンなどの事務的備品まで想定します。また、人材や顧客を獲得する費用も考えておきます。

人材確保に関しては、募集広告や研修費用などを想定します。

顧客の獲得に関しても、広告掲載やホームページの作成、説明会の開催の費用など、できるだけ細かく計上するようにします。


ほかには、サービスを運営していくための当面の運転資金が必要になってきます。
運転資金にかかる項目としては、人件費や光熱費、食材費、車両のガソリン代などが挙げられます。

介護報酬などの収入が発生するのは数ヶ月先になりますので、その間の運転資金は初期投資として確保しておくことが大切になってきます。

http://www.jpna.jp/kokoronohi/demae.html
http://www.caa.go.jp/seikatsu/shingikai2/kako/spc09/houkoku_b/spc09-houkoku_b-V.html
https://www.facebook.com/smile.souji

サッカーレプリカユニフォーム情報をご紹介いたします。

横浜の薄毛治療の最新情報を見つけよう。

あなたに合った条件の新宿の永久脱毛の情報をお知らせいたします。

FIRST CRUSHの口コミの情報を掲載しています。

スキーのツアーの専門知識を身につけましょう。